どもに伝統芸能を伝える大切さとは

子どもに伝統芸能を伝える大切さとは

日本には様々な伝統芸能がありますが、日常生活で関わることがほとんどないため、文化祭芸術鑑賞会などの学校行事、地域イベントで伝統芸能に触れる機会を作ってあげることが大切だと考えております。

貴重な文化財を残し続けるために

日本では、高度経済成長期の社会情勢の変化により、古くから継承されてきた伝統的な文化や行事が簡素化または失われてしまったところもあるそうです。先人達から受け継いできた伝統芸能は、日本の歴史を感じられる素晴らしい文化財です。その宝物が失われていくのはとても悲しいものです。

貴重な文化財を次世代に残していくためにも、伝統芸能を子ども達に伝えていくことが、社会に生きる一人ひとりの役割なのではないでしょうか。学校行事に限らず、地域イベントを開催したり、家族で日本の文化に触れる機会を作ったりと、貴重な文化財を継承する術はいくらでもあります。

豊かな人間性と創造力を育むために

伝統芸能に触れることで、日頃味わえないような感動や刺激を直接体験できます。その経験が、子ども達の感性を豊かにし、創造性を育むことにつながります。また、好奇心を刺激するため、興味や関心を多方面に広げるキッカケにもなります。その他にも、伝統芸能は社会への適応力やコミュニケーション能力を養う場としてもおすすめです。

現在は、就職しても職場の人間関係になじめずに離職してしまう若者が増えています。そのような状況を改善していくためにも、同じ地域に住む子ども達と一緒にお祭りやイベントなどを開催してみてはいかがでしょうか。世代の異なる人々との関わりにより、人間関係や絆を深める術、コミュニケーション能力が自然と養われます。

日本人としてのアイデンティティを持つために

グローバル化が進む現代では、外国人と関わる機会が増えてきました。外国人との交流の場では、英語だけでなく日本人としてのアイデンティティが求められます。日本人である自覚と誇りを持ち、個性を表現していくことが大切です。そのためには、まず自国である日本がどのような文化や芸能、習慣、歴史を持っているのかを知る必要があります。

子ども達の日本人としてのアイデンティティを確立するためにも、伝統芸能の阿波踊りを取り入れてみてください。寶船に出演依頼をお申込みいただければ、圧巻のパフォーマンスで日本の素晴らしさをお伝えいたします。

寶船では、学校行事や地域イベント、企業イベント、結婚式などの出演依頼をお待ちしております。迫力満点の阿波踊りのパフォーマンスや和太鼓の演奏、子ども達の体験コーナーを設けて楽しみながら伝統芸能の魅力をお伝えいたします。海外のフェスティバルでも日本代表として大トリに抜擢された実力を持っておりますので、きっとご満足いただけます。たくさんの出演依頼、お待ちしております。

学校行事に和太鼓や阿波踊りの出演依頼なら【創作舞踊集団 寶船】 概要

団体名 創作舞踊集団 寶船
運営会社 一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ
所在地 〒180-0013 東京都武蔵野市西久保3-2-1 アルベルゴ武蔵野605
電話番号 0422-60-2102
URL http://takarabune.org/
説明 プロ阿波踊り集団の『創作舞踊集団 寶船』は、文化祭などの学校行事や施設でのイベントなどで阿波踊りパフォーマンスを行っております。百貨店・ショッピングモール等の商業施設やテーマパーク、結婚式など様々な会場でお楽しみいただけます。企業イベントの出演依頼も多く頂いております。和太鼓を使った迫力のパフォーマンスをお楽しみください。

地域イベントや学校行事に和太鼓や阿波踊りの出演依頼なら寶船へ

阿波踊りコラム