生きること

『掘る力』とは?没頭しその物事へ徹底的に愛を注げ。

2018/07/20

キャリアデザインの中では、「好きなことをする人生がよい」とされる。しかし、自己中心的では社会は動かないため、鮮やかな成果が出ない。

先日年下の友人と話していて、この板挟みに、若者は悩んでいる気がしました。

自分のやりたいことか、社会の中でやるべきことか、の二元論です。でもこれはおかしな話。どちらも正解だからです。

「好きなことをすること」と、「社会とつながり自分が必要とされること」は矛盾しない。

けれどその「好き」は一過性の気分ではなく、のめり込んで突き抜けていける「没頭力」と、自身の行動に「愛を注いでいる」ということが必須だと感じてます。

「本当は好きなことをやりたいんだけどな〜」と、心の中でぼやく若者がいたら、原因は2つかもしれません。
目の前のことへ没頭する前に心移りし、ダイナミックに根を張れていないこと。そして、その状況の自分に愛を注げていないことです。おそらく。

根を張らなければ、大きな花は咲きません。これは、「少なくとも◯年間は続けなさい」という時間軸ではなく、没頭しその物事へ徹底的に愛を注ぐ、下へ下へ「掘る力」です。

それがあれば、大地をガチっと掴める。つまり現状を見据えて思考できると思います。

掘る深さが深ければ、それは自然と「好きなこと」になるはず、と思っています。

\LINEでぜひ友だちになってください!/ \チャンネル登録お願いします!/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で寶船 Takarabuneをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
米澤 渉
1985年、東京都生まれ。一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ プロデューサー。寶船プロメンバー「BONVO」リーダー。山形県米沢市おしょうしな観光大使。日本PRのCM『日本の若さが世界を変える』に出演。「my Japan Award 2014」 にて《箭内道彦賞》を受賞。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生きること