インタビュー レポート 阿波踊り

「どんなに険しいことでも、自分の信じた道を進もう」インターン・前田拓実さん

2016/03/02

image7
日本初のプロ阿波踊りグループ「寶船(たからぶね)」の運営・マネージメントを行うアプチーズ・エンタープライズ。2015年12月から3ヶ月間に渡り、そのアプチーズ・エンタープライズの学生インターンを体験した前田拓実さんにインタビューさせていただきました。

寶船を通じて学び、成長できたこととは?

学生インターン・インタビュー

前田 拓実(まえだ たくみ)さん

  • 学校名:武蔵大学
  • 学部:社会学部メディア社会学科
  • 学年:3年生(2016年2月現在)
  • インターン期間:2015年12月~2016年2月
  • 出社日数:週2日~週3日
  • 好きな食べ物:豆腐

寶船を知ったきっかけはなんですか?

大学に徳島県出身の友人がおり、徳島の阿波踊りについて話をよく聞いていました。その中でも、プロとして世界でも活躍する集団があると聞き、FacebookやYoutubeで記事や動画を拝見し、そこで初めて寶船の存在を知りました。

アプチーズを選んだ理由は?

大学でメディア社会学を専攻していることもあり、実際にメディアに関わる仕事をインターンシップで体験させていただける企業を探していました。寶船では、阿波踊りの公演をしながらメンバー自ら営業し、公演のスケジュール管理からSNS等での情報の発信まですべてを行っていることを知り、自分がメディアの中で活躍できるチャンスを探るためにとても良い経験をさせてもらえるのではないかと思い、インターンシップをさせていただくことにしました。

働く前の寶船への印象を教えてください。

働く前は、寶船のパフォーマンスはYoutubeでの動画の中でしか見たことがありませんでした。

しかし、その映像の中からも寶船がどれほど熱を持って活動している集団かわかりました。一人一人が阿波踊りに情熱を注いでいるのを感じたことで、意見を各々が出し合って、見てもらう人にどれだけ喜んでもらえるかを常に考えている、そんな集団なのだろうと感じていました。

インターンに入って、実際にやった業務は?

参加した時期が年末からだったこともあり、ファンの方へ送る年賀状の作成などを手伝わせていただいきました。公演がある日は、公演に同行させていただき、SNS上で公演記録を発信するために使う写真の撮影や、見に来たお客さんに寶船のことをもっと知っていただくために、その場でお客さんにチラシを配り、HPやSNSの宣伝をするということをしました。

また同行した公演の雰囲気や感じたことを、自由に公演後のレビューとして書かせていただきました。ブログに実際に自分の記事があがる喜びが感じられる作業でした。

働いてみて、気付きや学び、変化はありましたか?

芸能の分野で活躍する人たちがどのような気持ちで活動に取り組んでいるのか、どんな人たちがその場で活動しているのか、そんな疑問をどこかに持っていました。実際に間近でその活動をしている人たちと関われることで見えてきたことがありました。

同じ志を持つ仲間であっても自分が思ったことは迷わず意見を述べていくという姿勢、リラックスしている状態のときから仕事をすることになったときのスイッチの切り替えの早さ、自分たちの夢を改まらずまっすぐに語ることのできる夢へ向かう熱量、こういったことが寶船のメンバーから見えてきました。

どれも持っている人たちは世の中にいるにしろ、こういったことをすべて持っている人たちが一つの集団に集まるのはなかなかないことだと思います。だからこそ地道な作業であっても本気で取り組むことができるし、そういった人たちから発信されるものというのは相手にもしっかりと伝わるんだということを目の前で見ることができて、誰かに何かを確実に伝えるには、伝える側の熱量が結果を出すのだと感じることができました。

記事を読む方へメッセージ

私は、夢って何だろうと考えることがあり、これから自分がどうなっていくのかと不安になることがあります。思い切って寶船の活動を手伝わせてもらったことで、そんな不安も少しほぐれ、そして確かな一つの考え方を持つことができました。

それはよく言われることですが、「自分の信じた道を進もう」ということです。どんなに険しいことでも、つらいことであっても、自分がそうしたいと考えたことは絶対にくじけないで頑張っていこうと思うことができました。

メンバーの皆さんと同じときを過ごしたことで、これほど自分に強い信念が持てると思っていませんでした。私にとって確実に貴重な経験になりました。

アプチーズは、寶船の活動を通じて感動をつくり、学び、体験するインターンシップを開催。
この機会に、世界の舞台で活躍するメンバーと肩を並べ、普段は見ることのできない「寶船」の裏側を覗いてみませんか?

■詳しくはこちらの記事へ
【募集】感動をつくり、学び、体験する「インターンシップ」を開催!

\LINEでぜひ友だちになってください!/ \チャンネル登録お願いします!/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で寶船 Takarabuneをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
阿波踊りを主軸に、新たな日本芸能の可能性に挑む阿波踊りエンターテイメント集団。インド・NY・パリ・ロンドン・香港と世界屈指のフェスティバルに招待され、ワールドツアーを成功させる。2014年、NYでは単独公演も開催。世界を舞台に活動中。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インタビュー, レポート, 阿波踊り