ンバー紹介

寶船のメンバーはほぼ10代と20代で構成されていますが、その大半が阿波踊り歴10年以上の経験を持ちます。
その長いキャリアを背景とした「踊り」と「鳴り物」は確かな技術に裏打ちされており、表情豊かなパフォーマンスをしっかり支えています。

多くの阿波踊り団体では「踊り」と「鳴り物」は担当分けされていますが、寶船ではメンバー全員が踊りも鳴り物もこなすエキスパートです。
寶船を特徴付ける変幻自在のステージは、踊りと鳴り物パートが様々に入れ替わって繰り出すダイナミックな構成にその秘密があります。


BONVO

寶船のステージを支える、選抜プロメンバー。
「Bon Voyage!(よい旅を!)」という言葉から、「BONVO(ボンボ)」と命名されたプロユニット。
主なステージやイベント、メディア出演、学校公演など、寶船の中心で活躍するトップメンバー。
「日本の感動を、世界へ」のコンセプトのもと、国内は元より海外進出も精力的に活動中。




KNOT

寶船の中核を支える、セミプロメンバー。
「KNOT(ノット)」とは、船のスピードの単位。そして“結び目”という意味もあります。
KNOTの活動のスピードが上がれば、寶船という船も進んでいく。船を進ませる大切なメンバーです。
そして、BONVOとCREWの間の結び目となり、寶船の絆を深める存在となってほしいという想いがあります。
年間を通して、イベント、公演などに出演しています。



CREW

寶船の一般メンバー。阿波踊りシーズンである夏期公演や、イベント、劇場公演などにも出演。