スリランカツアー レポート

スリランカツアーレポート①|日本からスリランカへ。そして美しい海辺で記者会見!

2017/01/26

寶船の阿部藤(あべ・とう)です。

今、2017年初の海外公演である「スリランカツアー」の真っ最中!そんなわけで、スリランカでの活動をレポートさせていただきます。

1月24日/日本からスリランカへ

2017年1月24日
日本時間 AM9:30

成田空港第一ターミナルに、米澤渉・米澤萌・米澤陸・樫本真之介、そして私、阿部藤が揃いました。

寶船に所属して4年目の私にとって、長期の海外公演は初めて。待ち合わせの1時間前には成田空港に着き、飛び立つ飛行機を横目にのんびりしていました。

これから搭乗!!!!

タイ空港まで約7時間のフライト

タイ時間 PM5:00

乗り継ぎのため、タイ・バンコクへ。

空港には、ヒンドゥー教における天地創造の神話を表した彫刻が。

こちらは、維持の神・ヴィシュヌ神。

空港では、タイ料理を!
カオマンガイ、トムヤムクン、チキンヌードル、パッタイ。

いよいよスリランカへ!!

スリランカ時間 AM0:00

16時間かけて、日本からスリランカへ到着しました!!

一歩出ると、植物園のなかにいるような温かさ。静かな夜に、ひっそりと木々が息をしています。

ここでジャパンエキスポの共演者であるドラムカーンズさん(相撲)、B_STATIONSさん(ダンス&ヴォーカルグループ)と合流。

ホテルに着いたのは、AM1:30。そのまま就寝しました。

1月25日/スリランカ滞在1日目

翌日、2017年1月25日
滞在1日目 AM11:00

日本大使館で記者会見

日本大使館にて、報道関係者に向け『JAPAN EXPO Premier in Sri Lanka 2017』の記者会見を行いました。

写真撮影に応じたり、日本食を囲みながら話をしたり、スリランカスの人々の親しみやすく優しい人柄に心が和みます。

沢山のカメラにドキドキしました!!

残念ながら、日本大使館では個人の写真撮影が許可されておらず、お届けできる写真がありません。言葉でお伝えするならば、慎ましい日本の美が光る美しい洋館でした。藤娘の日本人形や、平安時代の美人絵が飾ってあり、とても落ち着いた気持ちになりました。

そして一つ驚いたことが!!
日本大使館には朝早くから日本のビザ取得のためにスリランカの人々が列をなしていました。

日本に行きたい!と思ってくれていることが、とっても嬉しかったです。

スリランカの町並みは、古いも新しいも混ざりあい、かつてイギリス領だった名残か上品な雰囲気が残っています。

海辺のラウンジ・MTVの記者会見へ

AM18:00

海が黄金色に輝き、薄く夜の色に染まっていく頃。

インド洋の優しい風が棚引く会場で、今度はテレビ局の関係者に向けて記者会見です。

リボンのついた椅子がとっても可愛い!!

報道陣の前で演舞「アバレン」を披露しました。響き渡る拍手。最後には確かな感触を掴みました。

記者会見のあとは、カクテルパーティーです。

とにかく美しい。綺麗。おいしい。楽しい。幸せ。こんな贅沢な時間を過ごすことができ、私たちはなんて幸せなんだろうと思いました。

夜のコロンボは音楽が鳴り響いてる

ホテルの近くを、散歩に行くと、バンドが生演奏をしていました。

かっこいい!!うまい!!


あっという間に心を掴まれ、最後にはスリランカの人々と一緒に踊っていました。

噂通り、音楽が鳴れば踊りだす、素敵なお国柄!!

スリランカとは、光輝く島

こうしてスリランカ滞在一日目が終わりました。
その中でこんな秘密を教えてもらいました。

スリランカは『Sri Lanka』と書きます。

実はこの国名は、

Sri = 光輝く
Lanka = 島

という意味があります。

スリランカとは、光輝く島なのです。

この光のように、スリランカの人々がもっと幸せに満ちて輝きますように。

そして、その繋がりのなかに日本芸能や文化が優しい根を張りますように。

 

つづく

■スリランカツアーレポート

①|日本からスリランカへ。そして美しい海辺で記者会見!
②|スリランカの町、コロンボ周辺で寺院や歴史資料館を堪能!
③|怒涛のTV収録二本撮り!2時間の生放送!?
④|夢のラッピングステージカーでキャラバン公演、初日!
⑤|寺院と市場とビーチでキャラバン公演、二日目!
⑥|クリスチャンの学校での気づき。繁華街で大暴れ!
⑦|鳴り止まぬ熱唱。太鼓ソロで3年越しのWe Will Rock You!
⑧|ピュアで真っ直ぐな瞳にたくさん出会ったキャラバンフィナーレ!
⑨|リハーサル&前夜祭!偶然出会ったパレードに感激の夜。

\LINEでぜひ友だちになってください!/ \チャンネル登録お願いします!/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で寶船 Takarabuneをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
劇作家 演出家 俳優。 re湖(りこ) 主宰。小学4年生から演劇を始める。re湖は2014年7月結成。劇場外での演劇公演を数多く企画する。桜や海など、現実に在る儚くて力強いものを、お芝居にどう登場させるかで新しい演劇を考える。好きな言葉は「恋と革命」。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スリランカツアー, レポート