エンタメ レポート

世界の中心でヤットサーを叫ぶ!太平洋のど真ん中ハワイで、全力の『ヤットサー』を!

2016/09/10

寶船の樫本真之介です。僕は現在、一人ハワイ・ホノルルに来ています。
実は今、寶船は同時にハワイとトロントの2カ国に分かれて活動しています。
カナダメンバーも無事にトロントへ到着したようで、カナダ公演がいよいよスタートするようです。

まずはじめに。今回2カ国での活動、そしてこの企画が実現できたのは、僕が全幅の信頼を寄せるメンバー石山雄太が「カナダで公演に行かせてください!!」と強い想いをぶつけてくれたからでした。まずは今企画を実現でき、そしてハワイに送りだしてくれたメンバーに感謝しなくてはなりません!本当にありがとうございました。

 

『世界の中心でヤットサーを叫ぶ!』とは

まずは、このプロジェクトの概要をご紹介します。

この企画は、僕、寶船プロメンバー樫本真之介が、単身ハワイに渡り、全力でヤットサーを叫ぶというもの
通常、寶船の海外公演は、フェスティバルなどから出演依頼をいただき、踊る場所が決まってから渡航します。しかしこの企画は、何も無い状態でハワイに乗り込みました。そして様々な人たちと交流しながら、寶船や阿波踊りの魅力を広めます。最後には、太平洋のど真ん中・ハワイで、全力の『ヤットサー』を叫ぼう!という前代未聞の内容。それも、たった1人です!

ルールは、「行くなら全力で営業して次に繋げて来る!」ということだけ。武器は、名刺と寶船の衣装のみ!団体資料すら持って行っていません。もちろん、僕は英語もできません。そんな無謀なチャレンジの企画です。

僕自身も、送り出してもらったからにはハワイ滞在の中で何かできないかと思考を凝らしました。

その結果!いくつか成果をあげることができたので報告させてください!

日本総領事館、副領事の方とお会いしました!


寶船の初海外公演となった「ホノルルフェスティバル」の出演がきっかけで、僕たちは社団法人化し、現在プロとして世界に阿波踊りの魅力を発信するまで活動の場を広げることができました。その事の報告と「またハワイに帰ってきます」という意思を伝えたいと思いました。そのため、領事館にアポイントを取らなければなりません。考えた末に、ホテルのフロントで日本語ができる方に自分の説明をし、電話番号を調べてもらいました。もちろん、頼んだのも初対面の受付の方でした。

ホテルの部屋に戻り、恐る恐る調べていただいた番号に電話をかけました。すると、なんと本当にアポイントが取れたのです!

そして、後日、副領事の伊部さんとお会いすることができました。

寶船の説明を皮切りに話は盛り上がり、阿波踊りの詳しい説明やハワイで行われるフェスティバルの話をし、将来に必ず繋がれる素敵な関係になれたと思います。次はメンバー一同で行きます!伊部さんお忙しい中お時間を作ってくださり本当にありがとうございました!

ディナーショーで踊りました!

毎日フラダンスショーが行われているというハワイアンレストランに行き、ファイアーダンスのプロダンサー・モニンさんに「一緒にショーで踊らせてほしい!フラダンスと阿波踊りの共演お願いします!」と交渉してみました。


とても前向きな返事はもらえた気がしましたが、その時は名刺も交換せず約束もしていなかったので、難しいだろうなーっと思っていました。突然押しかけた状況でしたし、英語ができないので伝わっているかも不安でした。

後日、ディナーショーに行ってみると、ファイヤーダンサーの方が公演しているのを発見しました。
応援と勉強も兼ねて、さっそく最前列で公演を拝見。

とその時です!

「ジャパニーズダンサー、カモン!カブキダンサー!!!」との声が…。

まさかとは思ったのですが、僕だったようで(僕の耳が正しければ、歌舞伎と間違われたようです。笑)、その場でステージに上がり太鼓の音に合わせて阿波踊りを踊りました

本当に踊る準備もできていなかったので、私服で動画も残っていないのがとても残念でしたが、初日の約束を忘れないでいてくれたファイヤーダンサーのモニンさんに感謝です!次はもっとがっちりコラボしたい!

 

世界の中心でヤットサーを叫びました!

その他にも衣装を着てワイキキビーチを歩いていたら、5年前のハワイ公演した寶船を観ていくれた夫妻の方から声をかけていただいたり、ビーチで声をかけられて阿波踊りのプチワークショップをしたりと嬉しいことがたくさんありました。

そして最終日。

もちろん締めくくりは、このプロジェクトの集大成であるこの企画、『世界の中心でヤットサーを叫ぶ! in Hawaii』を行いました。夕焼け浮かぶハワイの海で、全力で「ヤットサー!」を叫んできました。

こちらは動画がありますのでぜひ観てください。撮影は、たまたまビーチにいた外国人観光客の方に、身振り手振りでお願いしました。人の優しさに感動!!

このプロジェクトを終えて

とにかく前向きに純粋に進めば、次の道に繋がっていくと、僕自身が一番身に染みました。まだまだ反省点やもっとできることもあったと思いますが、肌も心も一皮むけて成長した姿で日本に帰れそうです。

寶船ハワイ企画!『世界の中心でヤットサーを叫ぶ!in Hawaii』はこれで幕を閉じますが、カナダメンバーの公演はまだまだ続きます。ハワイから全力でエールを送りたいと思います!

「みんな頑張れ。そして石山かましてこい!!!」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で寶船 Takarabuneをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
樫本 真之介
1992年、東京都生まれ。寶船のプロメンバー「BONVO」に所属し、年間200ステージを越える公演に出演。ダイナミックな大太鼓のパフォーマンスと、親しみやすいキャラクターにはファンも多い。愛称は「カッシー」。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-エンタメ, レポート