文化と芸能 阿波踊り

寶船が、阿波踊りと呼べない踊りを模索する理由

2017/07/27

文化は民衆の精神に宿る”生きもの”で、同じクオリティをトレースする工業製品ではない

悔しい想いは、成果を出して晴らすしかない。
上辺をことごとく避け、阿波踊りとは何か、踊る阿呆とは何かを探求してきた。精一杯、本質を考えに考え抜いてきたつもりだ。これは誰にも負けていない。

阿波踊りをはじめたのは6歳の時。子どもだった自分が憧れたのは、高円寺阿波おどりで見た「江戸っ子連」だった。その後、徳島の「阿呆連」や「殿様連」、「まんじ連」という提灯踊りの有名連を知る。かっこよく提灯を振り回す姿に魅了された。YouTubeがまだない時代。テレビで阿波踊りが放送されると録画し、擦り切れるまで見た。激しい踊りに胸が高鳴った。

当時、家に『浅草』と書かれたお土産用の手持ち提灯があった。縦20センチほど。筒状というより丸型だったが、構造は阿波踊りのものと同じ。小学生だった私は、それを振り回して踊った。

「提灯踊りがやりたい!」
徳島出身の父にそうせがむと、思わぬ答えが返ってくる。

「格好いいと思ったものは、すでに世の中にあるものなんだよ。もし、渉が最初に提灯踊りを生み出したなら、ぜひやろう。でも、違う。だから格好いいと思う提灯踊りには、簡単に手を出しちゃ駄目だ。練習でたくさん真似して、いい踊りをたくさん吸収して、渉らしい格好いいものつくろう」

正確な言葉ではないが、連長だった父はそう言った。クリエイティビティはモノマネから始まるが、ゴールにしてはいけない。文化は民衆の精神に宿る”生きもの”で、同じクオリティをトレースする工業製品ではないのだ。

未来に伝統を進めるのは、いつの時代も無謀な若者たちの革新なのだ

寶船が発足してから数年後。今から16〜17年ほど前のこと。徳島出身の父親に連れられ、私たち家族は徳島市八万町の徳島県立図書館に行った。

「”阿波踊り”の記載がある資料は、全て読もう」
当時中学生だった私に、父はそう言った。阿波踊りをやるならば、歴史を、本質を知る必要がある。誰よりも詳しくなれ、と。

それ以来私は、手に入る阿波踊りに関する本や論文は、すべて読んできたつもり。それほどまでして、阿波踊りについてを探求する関係者をほとんど知らない。

そして、芸態は常に変化していること、伝統とは革新の歴史であることを知った。阿波踊りは、精神の解放と無礼講の祭りであるのだ。そこには、民衆の歓喜と慟哭が表れている。

だから自分たちの表現を獲得するべきなのだ。阿波踊りは、その時代に生きる息吹を血肉化し、自己表現に落とし込む手段である。寶船は、どことも似ていない阿波踊りを探し、挑戦することで阿波踊りの歴史に敬意を払いたい。徳島や高円寺の一糸乱れぬ圧巻の踊りを愛するからこそである。

踊りや鳴り物を、徳島や高円寺の阿波踊りに近付けようと頑張る連があってもいい。徳島の振興協会や県協会のスタイルを目指す連だけが「正調」と称えられ、スタンダードになっていてもいい。けれど、寶船は身体動作のトレースより、誰もが唯一無二だった頃の、歴史的な阿波踊りを目指した。それは多難の道であり、同業者からもなかなか理解されない孤独な旅路である。

「寶船は阿波踊りじゃない」
そういう方がいるのは、百も承知。賛否両論があってこそ、未来は開かれる。有名連の踊りを忠実に真似しようと頑張れば、波風は立たないかもしれない。けれど、大好きな阿波踊りの連、大好きな徳島、そして歴史と精神を想えば想うほど、「お前の阿波踊りは何なんだ!お前が憧れるのは他者の阿波踊りであり、お前自身ではない」と心が叫ぶ。

まだまだ理解されないと思う。けど、未来に伝統を進めるのは、いつの時代も無謀な若者たちの革新なのだ。

「阿波踊り」については、こちらもおすすめ

阿波踊りの「踊り」は、漢字表記?ひらがな表記?表記でわかる文化の奥深さ
自由の探求。イタリア人ダンサーの言葉「阿波踊りは、”ただそこにある”アートだと思う」の意味とは!?
「阿波踊り3.0」論|阿波踊りの世界を変えるのではなく、阿波踊りで世界を変えたい
今、寶船が「徳島阿波おどり問題」を語る。不安を批評せず、希望を掴め。
寶船が、阿波踊りと呼べない踊りを模索する理由
「正調」とは何か。伝統における“本質”と向き合うための、5つの思考
住する所なきを、まず花と知るべし。世阿弥に学ぶ、変化し続けることの大切さ
阿波踊り好きなら常識!? 阿波踊り三大主流とは?
原点は傾奇者にあり?! 阿波踊りの起源に迫る!
弱みを強みに変えろ。阿波踊り連の人数によって変わる戦略の違い
どんなチャンネルで勝負する?! 阿波踊りにおける収益構造の課題
阿波踊りのお囃子がワンパターンだと思っているあなたへ。多様な歴史を紐解き、可能性を広げよう。

\LINEでぜひ友だちになってください!/ \チャンネル登録お願いします!/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で寶船 Takarabuneをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
米澤 渉
1985年、東京都生まれ。一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ プロデューサー。寶船プロメンバー「BONVO」リーダー。山形県米沢市おしょうしな観光大使。日本PRのCM『日本の若さが世界を変える』に出演。「my Japan Award 2014」 にて《箭内道彦賞》を受賞。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化と芸能, 阿波踊り